立地条件を検討する

立地条件を検討する

FZ067_L
コインパーキングを利用する人の中で、駐車をするためだけに利用する人ははっきりいっていません。
コインパーキングの周辺に目的地があって、そこまで自動車で行きたいから利用するわけです。
そこでコインパーキングの周辺に目的地になるような施設があるかどうかを確認しましょう。
役所や税務署、商業施設、病院と言ったものがあれば、人が頻繁に訪れる可能性に期待が持てます。
このような人々が利用するような施設が近くにある土地にコインパーキング運営をすれば、利益が上がる可能性がアップします。
しかし目的地があっても、いろいろな交通手段でアクセスできるのであれば、意味がありません。
電車やバスでも到達できるのであれば、わざわざ自動車を使う必要がないと思われてしまうからです。
目的地となる施設があって、かつ自動車以外でアクセスするのは難しいという所がコインパーキングの理想的な立地条件となります。
また大型のショッピングモールは、駅から遠く離れた所に設置されることが多いです。
その近くにコインパーキングを設置すれば良いように思われます。
しかし大型のショッピングモールの場合、自分で大量の駐車スペースを持っていることが多いです。
このため、思っているような利益が上がらない可能性があることも認識しましょう。

コインパーキング運営

商品撮影はホワイトバランス機能で調節もしましょう

商品撮影をする時には、様々な便利な機能を使わなければならないともったいないでしょう。

FV113_L
最近のデジタルカメラには、ホワイトバランス機能等があります。
この機能は環境による光の影響に関係がして来る物です。
例えば晴れと雨と曇では周囲の光による明るさも全然違って来ます。
このホワイトバランス機能によって光の影響を調整する訳です。
例えばオートにするとカメラが自動で判断して調整をしてくれます。

FV110_L
晴れの日には、晴れの日に合わせたホワイトバランス機能に設定します。
他にも白熱灯の下で撮影をしなければならない場合でも、ホワイト機能によって調整をする事が可能です。
そればかりでは無く蛍光灯の下でもきちんと調整をする事が出来ます。
ただし、ちょっと気を付けなければならない事として、設定をミスしたらきちんと撮影が出来無いケースもあります。
具体的に言えば、商品が本来持っている色が少し変わってしまうからです。
商品撮影の場合では、ホワイトバランス機能はとても便利なのは間違い無いですが、そのような事も起きますので、撮影前にホワイトバランス機能の設定が正しいかどうか、目視で注意をしなければならないでしょう。
そうする事で綺麗な商品撮影が出来ます。

土地を有効活用!期限付きのコインパーキング

土地を有効活用!期限付きのコインパーキング

JS016_350A
コインパーキングはずっと続けなくてはいけないわけではありません。
期限付きで運営して、後は他の用途で土地を活用する方法もありますよ。
≪売り土地の買い手が付くまで≫
土地を売りに出しても、なかなか買い手が付かないこともあるでしょう。
その間土地を遊ばせておくよりは、コインパーキングにした方が収入も得られ土地も荒れず、ムダがありません。
≪マンションを建てるまでの一定期間≫
将来的にマンションを建てる予定があっても、費用など様々な事情でスグに建てられないこともあります。
そんな場合は、コインパーキング設置が便利です。
マンション建築の費用を貯めることもできますね。
≪期限付きコインパーキングの注意≫

JS007_350A
いくら期限付きで運営するのが便利だからといっても、あまりにも短い期間だと損失が出てしまいます。
土地を貸すだけ、運営を業者に任せる場合でも最低1年は必要ですし、自らすべて管理する場合は機械のリース代や購入費用の元が取れるまでの期間を算定しなくてはいけません。
また、最初に見込んだ利益が思い通りに入らないこともあり得ます。
自営型なら5年以上が望ましいと言われていますので、期限によって運営の在り方を考えてみるのも良いでしょう。

地盤調査

 

比較して勝つホームページ制作

ホームページ制作はやっぱり大変な作業です。

JQ028_350A
ホームページというインターネットの世界でも当然リアル社会のような競争が繰り広げられている訳です。
リアル社会ならいろいろ営業展開もするかもしれませんが、インターネットでホームページ一つがその役割をするとすれば、一体ホームページ制作にどんな重みが存在しているかという問題です。
ホームページとは非常に重いものです。
そして、そんな重たさを訪問者に痛感させず、訪問者に対して知りたい情報を伝えていかなければならないのです。
ホームページ制作は単体ではありません。インターネットの中でホームページは相対的に生きているのです。
訪問者は、お客様は、絶えずホームページを比較しているのです。
比較するものがホームページです。

JQ023_350A

 そして、リアル社会よりも、ホームページは簡単だから、比較される可能性もリアル社会よりも断然高いです。

リアル社会なら、銀座と池袋、一度銀座へ行けば池袋でなく銀座で買うサインです。
しかし、インターネットは、銀座と池袋を簡単に時間観念を裏切り行ったりきたりする感じです。
これが、比較です。
インターネットでは、お客様は、飽きる程これを繰り返しているのです。
だから比較して勝つホームページを作っていかなければならないのです。